最近、あたたかいですね〜昨日は天気の読み(?)を間違えてムートンブーツ&コートにマフラーという寒さ対策ででかけてしまって足も首も洋服も、全体的に暑かった。。。天気予報のチェックって大切ですね。

さてさて、今日はお知らせです。

昔、学校に留学生で中国から来ていた友達から嬉しい仕事を頂きました。

友達がやっているサイトで、なんとテキスタイルや私のことなどを紹介してくれはるそう!

サイトは最近リニューアルされたばかりで、こんな感じです↓

お話をくれたのは、劉  昊星(りゅう こうせい)くん。(劉は中国語で”Will”と書くらしい)

現在、上海でVOICERというサイトを立ち上げて運営しておられます。VOICERはチームごとに運営しており、それぞれのメンバーが仕事をやりながらサイトにも力をいれるという、とっても骨太なサイトなのです。

つまり、”自分の仕事+サイト運営=仕事のかけもち”

こういう人を見るたびに、いつ寝てるんだろう?という素朴な疑問が浮かびます。(オイ?)私は、眠ったり息を抜かないと制作できないから、ただただ尊敬。男の人のこういう部分って本当にたくましいなぁ〜と思います。

ちなみにサイトの内容は

「ライフスタイルに関わるクリエーティブな発想から、アート、デザインなど、特にアジアの若者に近い文化から生まれた作品を紹介するサイト」

どうしよう〜〜。

このように、サイトの内容を知ると、目指している方向や志が高くて、

大丈夫なんでしょうか、私で・・・向こうの期待に少しでも沿えるのかなぁと思ったり。でも、やってみたいし、やり抜きたい!せっかく声かけてくれはったし。

これを読んだだけでも、気を引き締めなきゃな〜と思います。そして、実行。

沢山の創作している人がいるのに選んでもらえて緊張と嬉しさ、それと共に、、、声をかけてもらった理由が分からないです。

少し考えて出た答えは、

WEBデザイナーさんがこのホームページを、めちゃくちゃきちんとデザインしてくれはったのやろうと思います。

後は、何となく続けてるからかしら?

WEBデザイナーさんに、編集を上手にしてもらえたからやんなぁと痛感し、本物のテキスタイルを見てガックリされないようにしなきゃ!

という気分にもなっています。

当たり前やけど、やっぱり頑張ろう。テキスタイルを通して、社会にエイッと出られる機会にもなるしね♪

で、

VOICERサイトの紹介やメンバーがこちらです!

_

VOICER

仕事:

編集長:小満さん、雑誌社と広告代理店を経て、現在メディア関係の仕事をメインにVOICERのコンテンツも手掛ける。

視覚担当:more君、元W+K広告代理店のデザイナー。現在Frogで勤務しており、デザインの仕事が中心。

コラム担当:will(劉くんのこと)、日本留学を経て凸版上海に入社。その後独立。現在、SUMMUS designのADを勤めている一方、フリーライターも兼任。

コンセプト:

Voicer, an online magazine about the aesthetics of everyday Life

_

そんなこんなで、頂いた仕事の答えをコツコツ書きだしています。情報を掲載して頂いたら、また報告しますね。

どうぞよろしゅう〜。