もうないものを欲しいと思っても戻ってこないし新しいことをすることに勇気が必要でも、その道が一つしかないのなら、どれだけそのフロアをぐるぐる回っても、結局はその前まで行って登るか上がるかしかない。エスカレーターひとつしかない分かりにくい場所でも。進んだ先が期待した景色と違っても、まぁそんなもんだと思う。時間内に到着してよかった、間に合ってよかった、そういう気持ちに最近は思えるようになってきたので、前はもっと焦っていたのかも?と感じる。さらさらと進んで、思ってもみない展開にも対処できれば何でもやっていけそう。本当に必要なら言い訳せずに行動することが大切な気がする。別に動いたことで得したようなこと?がなくても、本当にやってみたい!と思ってやったことなら満足できると思うのですが。(当たり前だけど、やってみたいことに何かを傷つけることは含まれない。身勝手やわがままなことと本当に必要な経験は別物)