この秋に奈良の正倉院展へ初めて行ってきました。念願だったので、やっと行けたーという気持ちになりました。目的の展示物があるわけではなかったのですが、一度は実際に行ってみたかったのです。装飾品は技術が高く豪奢な作りでした。螺鈿細工や大きなラピスラズリの帯も見応えがあり、ネックレスなどは種類が多く見ていて楽しかったです。空気が綺麗で、鹿はそこかしこにいて実際の大きさにドキッとしました。柿も食べれて秋を感じた時間でした。とはいえ、もう12月。すっかり冷え込んできているので、足元、首元、お腹周り、食べるもの飲むもの、温かくしてくださいね。