美術館の休館が多い中、ピーター・ドイグ展にギリギリいけた時の写真です。美術館が開けてくれていて嬉しかったです。(東京国立近代美術館は3/15まで臨時休館)大きなサイズの絵は没入感があり、映画の小作品ドローイングは勢いがありました。